クランクシャフトとカムシャフト

  • Overview +


    強力な測定・解析ツールは、ベアリングやピンのアライメントや調和性、メインに対するピンの平行度、フィレット半径、油穴のウォッシュアウト、ベアリング指数など、様々な特徴の測定を可能にします。テーラーホブソン社は、カムやクランクシャフトのメーカーと長期にわたり提携しています。タリロンドやフォームタリサーフシリーズの測定機の汎用性ならびに幾何学的配置は、お客様のニーズに合った測定機の選択を可能にします。

    カムやクランクシャフトのサイズと重量に応じて、タリロンド365、タリロンド385、タリロンド440といった中型から大型の真円度測定機をご利用いただけます。タリロンドの詳細については、以下のリンクを参照してください。

    従来の表面形状測定機では、クランクシャフトやカムシャフトの表面特性へのアクセスが困難でした。しかし、フォームタリサーフシリーズの表面形状測定機は違います。ピンやベアリングの表面仕上げの検査やフィレット半径の測定に際しては、寸法と形状の両方での評価が可能です。詳細については、フォームタリサーフに関する以下の情報を参照してください。

    ウォッシュアウト

    クランクシャフトのメインベアリング上の油穴のウォッシュアウトは、ベアリングにおけるオイルのスムーズな流れを確保するために欠かせません。また、クランクシャフトのオイルシールにスパイラルマークがあると、オイルが一方向に流れる事態を引き起こしてしまいます。タリロンド真円度測定機では、徐々に角度を変えながら繰り返し真直度をトレースし、その結果を統合することによって、ウォッシュアウトとスパイラルマークの数量化が可能です。トレース結果をまとめて、表面の3次元イメージを作成することもできます。

    3次元解析では、従来の測定よりも明確な理解が得られ、部品の形状や表面のテクスチャーに見られる欠陥や好ましい要素を数量化することも可能になります

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found