円筒ころベアリング

  • Overview +


    円筒ころベアリングは、摩擦が極めて小さいというトルク特性のため、高速回転に適しています。また、ラジアル方向の大きな荷重も支えることができます。工作機械やトランスミッション、振動発生機などに使用されることが多く、レール車両の輪軸ベアリングとしても用いられています。

    軌道輪の溝や転動体の表面形状は、これらのベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、円筒ころベアリングの表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

    また、溝や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。弊社のタリロンドシリーズは、ベアリング産業における最良の真円度測定機として各メーカー様にご愛用いただいています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

    ベアリングの一般的な幾何学的特徴に加え、軌道輪の溝や転動体の断面形状解析も必要です。ベアリングの縁に大きなピーク負荷がかかるのを避けるため、これらは大抵、山型(たる型)をしています。この形状は、シンプルかつ重要な半径や数式など色々な方法で決定されます。通常、公称プロファイルでは、公差の上限値・下限値を規定しています。
    ころベアリングの解析は、測定値を公称値の公差範囲と比較することによっても可能です。テーラーホブソン社が提供する特別な幾何学ソフトウェアは、そのような解析を可能にします。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found