アンギュラベアリング

  • Overview +


    アンギュラベアリングの外輪と内輪には、サーキュラーアーク状の軌道が2つあります。曲率中心は、ラジアル荷重下でボールが軌道に4点で接触するように、ずらされています。また、4点ベアリングの接触角は大きく(通常は 35�)、。そのためベアリングは、アキシャル方向の大きな荷重を両方向に伝えることができます。

    レースの形や半径、表面形状は、これらのベアリングの回転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソンでは、アンギュラベアリングの形と表面形状特性の測定に最適なフォームタリサーフシリーズを提供しています。

    また、軌道輪や転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のタリロンドのリンクを参照してください。

    壁厚およびゴシックアーチ解析

    一般的な幾何学的特徴に加え、これらのベアリングの運転性能に影響を及ぼしている他の主要な要素の検討が必要です。壁厚のばらつきは、ボールベアリングの運転性能に影響する重要な要素のひとつです。さらに、内輪上の2つのアークの互いに対する関係性もまた、決定的に重要な要素です。テーラーホブソン社では、これらの特徴を解析するための専用解析ソフトウェアを提供しています。詳細については、お近くの販売代理店までご連絡ください。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found