転動体

  • Overview +


    ベアリングの接触式転動体には、球面、円筒、円錐(先細ころ)など、様々な形状のものがあります。ベアリングの運転性能とノイズは、転動体の精密度に大きく依存します。一般に、転動体の表面形状特性は、軌道輪の溝の表面形状よりも、ベアリングで生じるノイズに与える影響が大きいです。

    転動体の形状と表面形状は、あらゆる接触式ころベアリングの運転性能とノイズに大きく影響します。テーラーホブソン社では、転動体の形と表面形状特性の測定に最適な一連のフォームタリサーフ測定機を提供しています。詳細については、以下のフォームタリサーフのリンクを参照してください。また、転動体の真円度とうねりも非常に重要です。通常、これらの特徴は、真円度測定機によって測定されます。詳細については、以下のリンクを参照してください。

    また、テーラーホブソン社では、ボールユニットと呼ばれる特殊な固定具の開発に成功しました。これは、円筒状・ボール状の転動体の表面形状を測定するためのもので、フォームタリサーフシリーズのすべてのインダクティブ測定機と組み合わせて使用することが可能です。測定は、逆さまに固定されたインダクティブゲージ上で、摩擦パッドを使って転動体を回転させることによって行われます。ゲージ範囲が非常に狭く、インダクティブゲージを高分解能に設定することができるため、非常に細かい表面形状まで測定可能です(<6nm Ra も実現可能)。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found