心臓弁

  • Overview +


    人の心臓は2心房と2心室の全4つの心腔からなる効率的な筋肉ポンプであり、それぞれが一方向弁で区切られています。心臓は一日に平均10万回収縮と拡張を繰り返し、約2000ガロンの血液を送り出しています。同期して開閉することで、4つの弁は血液を前方に流れ続けさせます。

    年間25万以上の生体心臓弁が移植されています。疾患のある心臓弁が人工心臓弁と取り替え可能になって、心臓弁障害に起因する死亡率は劇的に低下しました。残念なことに、この輝かしい成功物語はものごとの一面にすぎません。その裏側には、今日のすべての人工心臓弁に起因する合併症があります。たとえば、チタンや熱分解カーボン製の人工弁の場合には、生涯に渡って抗凝固療法を続ける必要があります。過去何十年の経験にもかかわらず、抗凝固療法は依然として危険な処置であることに変わりはありません。抗凝固療法が最適状態でない場合は、弁尖の致命的な固着、または大血管の下流閉塞につながる大規模血栓形成の脅威があります。

    故障の結果が致命的なため、心臓弁の部品では品質管理が非常に重要です。材料特性と幾何学的形状のすべてが、心臓弁の設計および製造で重要です。しかし、液流と弁の抗凝固特性に大きな影響を及ぼすため、2Dおよび3Dの両方で心臓弁の表面特性管理も非常に重要になります。製品情報は次のリンクをクリックしてください。

  • BROCHURES +

    No brochure found.
  • APPLICATIONS +

    No application report found